広報誌「CITY in CITY」vol.33『ニューノーマル時代の働き方とまち』2021年度発刊されました


公益社団法人 全国市街地再開発協会発行 広報誌「CITY in CITY」vol.33『ニューノーマル時代の働き方とまち』2021年度発刊に参加させていただきました。


(株)Open A代表取締役/ 建築家/東北芸術工科大学教授の馬場正尊さん、そして、日本大学理工学部建築学科助教/ 一般社団法人ソトノバ共同代表理事の泉山塁威さんという、まちづくりに携わる素敵なお二人と共に、「ウィズコロナにおける 働き方の変容と 魅力的なまちづくり」と題し、「働き方」「空間価値」「仕組みづくり」の 3つの視点で鼎談させていただきました。


コロナ禍で経験した「働き方の変化」「不動産価値の変化」「オフィス空間の変化」「メディアとまちづくり」「企業とまちづくり」「行政とまちづくり」「短期的なまちづくり」「長期的なまちづくり」と8個の”変化”と”まちづくり”について、それぞれの実体験や考えを語り合いました。


大変面白い内容になっており、読みごたえ抜群です。

下記よりオンライン上で無料でお読みいただけますので、ぜひご一読ください。


▼広報誌「CITY in CITY」vol.33『ニューノーマル時代の働き方とまち

https://www.uraja.or.jp/wp-content/uploads/2022/03/CIC-vol.33-all-data.pdf


 

▼Instagram始めました。

 よろしければこちらもぜひフォローをお願いします

 https://www.instagram.com/mitsuyamazakillc/


▼Facebookもよろしくお願いします

 https://www.facebook.com/Mitsu-Yamazaki-LLC-297309537362478