top of page

知ってますか?[富山県南砺市井波地域]



富山駅から40分、金沢駅から40分に位置する、南砺市。

その中でも、井波地域は600年の歴史を持つ、世界一の木彫りのまち。


富山県の西部に広がる砺波平野の南端に位置し、八乙女山の山麓に抱かれる雪深い場所。


井波、高瀬、南山見、山野の4地区で構成され、人口は約8000人、その内の200人以上が木彫刻をはじめとした職人であり、木彫刻のまちとして日本遺産にも登録されています。


瑞泉寺へ続く石畳と木造家屋の道「八日町通り」が印象的な井波の中心ですが、近年空き店舗や空き家が増えていました。


また、旧井波町から合併により南砺市になり20年が過ぎ、井波町役場として使われてきた建物が空くことになりました。


どうする、井波?


まちの人たちの危機感が高まる中、まちの人が立ち上がります。


30代〜40代の世代を中心としたまちづくり活動や、まちの不動産屋さんによる空き家活用がはじまりました。


現在、移住者を含め

・コーヒーショップ

・クラフトビールのブルワリー

・パン屋

・職人に弟子入りできる宿

など様々な空き家を活用した店舗がオープン!


そんな秘密を、実際の住民の方の声を聞いてのぞいてみませんか?


井波ミライフォーラム、3月8日開催!

ぜひ現地へお越しください。

詳細、お申し込みは以下peatixより。



 

Instagram始めました!

 よろしければこちらもぜひフォローをお願いします


Facebookもよろしくお願いします


bottom of page