voicy「聴きながら学ぶ住みたい街の秘密」(都市計画家 / 山﨑満広)をご紹介させていただきます。

現在公開済みの音源は39放送、総再生回数は1.1万回を超えました。


その中で今回ご紹介させていただく放送は「まちについて思うこと」


放送の内容を抜粋して文字起こししたものを全2回でお届けさせていただきます。

前回に続き、今回は後編です。


ぜひ、音源でもご視聴ください。

▶︎「聴きながら学ぶ住みたい街の秘密」まちについて思う事

 



都市の作りすぎによって、地球に負荷がかかっている


人間っていうのはもう何万年も生きてきてですね、今までたくさんのまちを世界中に作ってきましたよね。調べてみたら、2020年の現時点で約1万の都市があるそうです。


定義はちょっと分からないですけど、たくさん都市があるわけですよ。日本にも1700〜1800市町村あります。都市をずっと経済の成長のための道具として、効率よく作ってきたのが今の現状です。どこの都市が良い、悪いは抜きにしても、まちがたくさんあるということは確かで。


日本なんかね、人口が減ってますから、これ以上新しいまちはいらない。逆にまちを減らしていかなきゃいけない、みたいな時代になってますから。


そのまちっていうのは、本当に人の都合でできたわけです。言ってみれば、人間中心のデザインでできたまちが、日本には1800ぐらいある。世界中に1万以上あるということで、それがだんだんだんだんまちの拡張に、その母体である地球がついてこれなくなっちゃったというのが現状だと思うんですよ。


皆さんよく聞く地球の気候変動ですとか、温暖化、それに伴う自然災害っていうのが本当に頻繁に起こりますよね。

だから、日本でも津波が来たり、地震が起きたり色々してます。海外でも山火事が止まらなくて、何10万エーカーと燃えたりするわけですよね。



地球主義を大切にしたい


これからはそれに伴い、反省も踏まえて、「地球主義にならなきゃいけない」と僕は思います。

だから、サステナブル都市計画家なんて言って、いろんなところでこういったお話をさせていただいています。


地球主義ってなんやねんって思うんだけど、地球に住んでいる以上、地球主義であって、その後ですよ。お金とか便宜とか、コンビニとか、その後でいいと思う。


本当に地球のためにやらなきゃいけないことが、これからどんどんどんどん出てきて、それが経済の根幹になる。そう僕は思っています。そう信じて活動をしています。


なぜかというと、地球に住めなくなったらもうほかの星行かなきゃいけなくなるわけですよね、いつかは。そんなに僕長生きしないでしょうから、僕が例えば火星に住むとかはないと思うんですけど、ほかの星に行って地球みたいにこんなに自然に豊かで美しい場所って無いんですよね。

しかも他の星に住めるかどうかまだまだ現実的にはなってませんので、時間が掛かりますからね。そうすると、ここの地球で踏ん張っていかなきゃいけないわけですよ。



ローカルになろう!


なので、地球主義の生活、地球のためになるようなこと何かしら?というと、まずはローカルにならなきゃいけない。自分の地元で買えるものは、なるべく地元で買いましょう。

なぜかというと、遠くのものを買うとですね。今コンビニとか楽天とかめちゃくちゃ便利なのでネットでほいほい買っちゃいますけど、僕も本なんか特にそうですけどね。とにかくその移動にガソリンを使っています。


ガソリンの車が動くと、二酸化炭素がバンバン出てオゾン層破壊して、また気候変動に達しますから、とにかくそういうのは良くない。あとは電力の出所を調べて、なるべく自然エネルギーを買いましょう、と。

普通にどこどこ電力という大企業から買っていると、僕のところは東京電力になりますけど、だいたい火力発電使っているわけですよ。

火力発電なんてどう頑張ったって二酸化炭素を生むようなことしかしてない。しかもその火力の元になる石炭も遠くから掘られてきて。それもまた二酸化炭素が増える行動によって、日本まで来ているわけですよ。なので、そこも見直さなきゃいけない。


あとは、ゴミを減らしたりとか、リサイクルしたりね。使えるものはまた再利用したり、それから車に乗らないでなるべく公共交通を使ったり、自転車乗ったり、みたいなことが地球にやさしい取り組みになります。

そういったことをぜひぜひやりながら、自分のまち、まちの将来を描けたら、もうちょっと素敵なまちが増えるんじゃないかな。そして、みんなの生活が豊かになるんじゃないかなと思います。



 

Instagram始めました!

▶︎mitsuyamazakillc

 よろしければこちらもぜひフォローをお願いします


Facebookもよろしくお願いします

▶︎Mitsu Yamazaki, LLC

閲覧数:23回0件のコメント

更新日:4 日前

サッカーJ1の鹿島アントラーズとホームタウンの「鹿行地域」5市による「第2回地域ブランディング推進会」で講演させていただきました。


カシマスタジアムにて開催、5つの市や地元企業の担当者などおよそ40名の方にご参加いただきました。

鹿島アントラーズを中心に「地域の新たな魅力を掘り起こし、まちおこしにつなげよう」と、意欲的に取り組んでおられるみなさんに、ポートランドでの事例やそのほか海外における「まちづくり」「地域活性化」「都市計画」などについてお話させていただきました。






アントラーズのスタジアムでの講演、茨城で育ったサッカー少年としてはとっても贅沢な機会でした。

鹿行地域とアントラーズがスポーツとサステナビリティを根幹に据えてこれからどんな取り組みをつくり、どんな化学反応が起きるかとても楽しみです!



当日NHKの取材が入っており、下記リンク先より番組動画をご覧いただけます。

▶︎NHK NEWS WEB「鹿島アントラーズと地元5市がまちおこしへ取り組み始める」



 

Instagram始めました!

▶︎mitsuyamazakillc

 よろしければこちらもぜひフォローをお願いします


Facebookもよろしくお願いします

▶︎Mitsu Yamazaki, LLC

閲覧数:9回0件のコメント

更新日:3 日前



voicy「聴きながら学ぶ住みたい街の秘密」(都市計画家 / 山﨑満広)をご紹介させていただきます。

現在公開済みの音源は39放送、総再生回数は1.1万回を超えました。


その中で今回ご紹介させていただく放送は「まちについて思うこと」


放送の内容を抜粋して文字起こししたものを全2回でお届けさせていただきます。


ぜひ、音源でもご試視聴ください。

▶︎「聴きながら学ぶ住みたい街の秘密」まちについて思う事

 



人がいるからまちがある〜まちができた理由〜


まちづくりに携わってるのでまちについてお話したいと思います。そもそもまちとは何なのか、これからこういうことができたらいいな、みたいなところまでお話できたらと思います。


まず、そもそもなんでまちができたかというと、人なんですよね。人間が進化してきて、集落で住むようになって。定住するようになったらまちができた。

まちを見渡すと、自然でできたもの以外は全部誰かが想像して作ったものですよね。例えば、大きな建物が見えても道が見えてもそうですし、人工の池なんかもありますし、車もそうですし、何でもかんでも人が作ってきたもので、それがなければ自然が更に残っているわけですよね。


ということは?人がいなければまちはない。だから「まちの形はいくらでも変えられるはず」なんですよ、言ってしまえば。「作ってしまったから取り壊すの大変だから変わらない」という部分や、法律上変えられないとか。ちょっと大人の事情もあると思うんですけど、まちっていうのは人間が作ったものですから、人間が作り変えれば綺麗になるわけです。


まちの綺麗さが、まちを作る人間の想像力を刺激し、素敵なまちが生まれる


”綺麗になる”というか、”住み心地が良くなる”わけですよ。そうすると何が大事かというと、人間のイマジネーションですよね。想像力が大事になってきます。どれだけ想像できるかによって出来上がるものが変わってくる。


そうすると、今のまちも、これから生まれるまちも、これから綺麗になっていくような再生されたまちも、まちを作る時の形を作る人たちの、そこに影響を与えられる人たちのことが大事になってくる。


その人たちの考え方とか姿勢ですね。生活に関する姿勢、ライフスタイル、心の状況や状態とか、あとはその人の夢なんかもすごく大事になってくる、と思うんですよ。


ポートランドのパール地区の再生前(1980年代後半)


ポートランドのパール地区の再後(2012年頃)


まちを作る人間が今「国→地方の行政→住民含むみんな」に変わりつつある


では、その人達って誰かというと日本の場合ですと、昔は国作りといって国の状況・まちの状態・設計などは、全部国の政府が牛耳ってたんですね。

ここ何十年か前からは、それが地方行政、地方都市に変わってきて、各市町村で都市計画なるものをやってくれと。


だからまちをどういう風に作るっていうのは市町村で決めてほしい、でもだんだんだんだんそれが難しくなってきたよね、と。そういった人材がいない場合もありますし、まちが大きくなったっていうのもあるので、行政の職員だけでは難しくなりました。だから、もっと住民の意見を聞きましょうっていうのが、ここ10年とか20年ぐらいのトレンドですかね。


本当はですよ。住民、そこに住むユーザー、まちの利用者と、住んでないけどそこに日々通って働いている人、それから行政の人々=”本当にそのまちを普段から使ってる人たちがみんなで作る・みんなで考える”のが、望ましいと僕は思うんですよね。


そういったトレンドが今来ております。そのトレンドの火付け役じゃないですけど、そのトレンドが始まる頃からそれをずっと言ってきたのが、手前味噌ですけど、ポートランドのまちづくりを進めてきた山崎でもあるということなんで、その辺についてもお話させて頂ければと思います。

 

続きは次回、「【Voicy/聴きながら学ぶ住みたい街の秘密】「まちについて思うこと」(2/2)」をお楽しみに。


Instagram始めました

▶︎mitsuyamazakillc

 よろしければこちらもぜひフォローをお願いします


Facebookもよろしくお願いします

▶︎Mitsu Yamazaki, LLC


v

閲覧数:17回0件のコメント